AMBITIOUSMISSION ネコと女子寮せよ しるきーずこねくと『ホームメイドスイートピー』 ジュエリー・ハーツ・アカデミア ゆまほろめ

現在このBLOGを見て一日を無駄に潰している人の数:

2023年にプレイしたゲームまとめ【hibimuda.com GOTY2023】

hibimudagoty2023.png

おはようございます、こんにちは、こんばんわ。Fozyです。
いやーーーー。だいぶ遅刻なんですが、2023年のプレイしたゲームまとめ記事になります。
2月中に書き終わって良かったね……。
遅刻した原因?うーん、実家の都合とセカライに行ってたせいって事にならないですか?(SteamのVRCのプレイ時間から目を逸らす)
なんとか去年はトップ10を上げられる位はゲーム遊んでてよかったよね。本当。
だいたい一つのゲームにハマってる年は他のゲーム触らなくなりがちなので・・・。




【2023総括記事】まずはデバイス

どうも、おひさしぶりです。
Fozyです。
Quest3を買ったときに書いた記事ぶりですね。気が付いたら年が明けててびびる。
実は今この記事はVRChatを起動しながらゲーム内でブラウザを表示して書いてみているんですが、まあ流石に目が疲れるので細かい作業はちょっとしんどい感じはありますね。
ちょっと今いろいろあって今年のGOTY記事はおそらくは月末~来月くらいになってしまうかなと思います。

2023年の総括記事を書かないといけないんですよね。去年とかは年中に書いたのに今年はサボりすぎたな・・・。
去年はどんなこと書きましたっけ。とりあえずデバイス系ですかね?

【デバイス】



Arctisnovaprow.jpg

SteelSeriesArctisNovaProWireless

今年一番思い切って買ったものといえばこれですね。
5万円のSteelseries最上位ヘッドセットです。詳しくは数個前の記事を見てください。
側圧が強めって話を前の記事でしたと思うんですけど、2つの意味で慣れてきたので今は特にその辺りの不満はありません。
ずっと使っていますので違和感は全くなくなりました。
ノイズキャンセリングマイクが耳に当たる問題も意外にも全く気にならなくなりましたし。なんでかはわからん
良かった点としては、ノイズキャンセリング機能が大きいですね・・・。
最初はそんな必要じゃないだろとか思ってたんですけど、これあると快適性が違いすぎるわ・・・。
これONになってないと遊んでる時違和感あるもんな・・・。
正直無音になる!って感じではないんですけど、不要な音がかなり軽減されます。
特に自分のいる地域はクソ寒い地域なので、今の時期とかはもう暖房つけっぱなしなので恩恵は結構大きいですね。
あとはバッテリー入れ替え式な所ですね。やっぱり目玉機能なだけあって便利です。そんなにバッテリーの持ちが悪いわけではないんですけど、充電切れはイライラしますからね。せっかく無線ヘッドセットなのに有線にするなんて馬鹿らしいですから。
というか最近VRChatを始めまして、Quest3が無線で遊べているのでヘッドセットはもう無線一択です。
今後有線のヘッドセットを買う事は無いと思う。快適性が全然違います。代わりにマイクの音質は死ぬんですが・・・。
一時期据え置き型のマイクを買おうかなと思ってた時もあるんですけど、VRとかだと立ってデスクから離れてプレイすることが多いので、むしろ無線ヘッドセットのメリットが最大限活かせていて良いですね。
逆にイマイチだった点は、正直Steelseriesの製品すべて毎回そうなんですけど、ソフトウェア面は不満がないんですけど全体的に細かい所の耐久性がイマイチで、2年くらいでボロが出始めるんですよね。正直今のSteelは高級路線が売りだと思うので、製品の耐久性にもうちょっと目を向けてもいいと思う。
自分のヘッドセットは、まずマイクミュートボタンの接触がおかしいです。普通はON/OFFすると1回ピッって音が鳴ると思うんですが、接触が過敏になりすぎていて、ピピピピッと4~5回押されたみたいになりますし、ボタンの上を撫でただけでピッと音がします。
ちゃんと押さないとON/OFFはされないので、うるさいだけで実害があるとかではないんですが、買ってちょっとで壊れかけになってしまったみたいで凄く気になりました。
あとはこっちはちょっと実害があるんですが、バッテリーの充電器の接触が悪くて、刺したのに充電されていないみたいなことが起こります。特に夏ごろに頻発していて、何度か刺しなおして上手く通電するまで(通電すると充電中マークが出る)何度も刺しなおしたりしないといけませんでした。今は稀に起こるかな~くらいに落ち着きました。
この2つが残念な点ですかね。。。高い買い物だったので1年経たずにこれだと結構先が思いやられるなとは思います。
さて、長期間使ってみてのまとめですけど、まあ価格分の価値があるかはトントンって所だと思います。
ただ自分的には買ってよかったなと感じています。一応ハイエンド機種なので音質もいいはずですしね。(豚に真珠)




metaquest3.jpg

Meta Quest3

今年一番思い切りが必要だったのはヘッドセットですが、一番お金がかかったのはヘッドマウントディスプレイです。(まあ正確に言えば車のスタッドレスタイヤだけど・・・。)
買ってしまいました、Quest3です。正直Quest2がわりと夏~秋頃は文鎮と化していたので(そもそもVRって一時期熱がきてそれ以外の期間は放置みたいな感じが多いんですけど)買うか悩んでいたんですけど、やっぱり評価が高い点、ハイエンドスマホが20万以上する時代に、フル3DのVRゲームがこの画質で遊べるだけのスタンドアロン性能でたった8万以下で買える点(高いって言われるけどこれは凄い事だと思います。)、あとはやっぱりMR機能で遊んでみたいという欲求に抗えずにポチってしまいました。
正確に言うと家電量販店に買いに行ったのでポチるじゃないですけど。というかQ3の記事でも書いたんですけど、自分が今住んでいる地域は山の中の超がつくド田舎なんですけど、こんなところでも売ってるんだと感動しました。VR元年きてるな。(1年ぶりn回目)

デバイス自体は正直前書いた通りなんですけど、怪しい中国製の充電器付きヘッドストラップ(一応リンクを貼っておきますが、令和最新版タイプの中国製品だと思うので購入は自己責任で。"バッテリー"ですし)を買ったところ意外にも大当たりで、これでプレイ時間が倍程度まで伸びたのと付け心地が改善した事、そしてなにより装着が凄く簡単になりました。
ヘッドストラップの上のバッテリー部分を上にはね上げられるので、最大まで広げる→後頭部を上に上げる→顔をヘッドセットに押し付ける→後頭部を下げて調整する というようにすればメガネを付けたままでも簡単に装着できます。
まあでもヘッドセットを付けなおさないといけないので手間はかかるんですけど・・・。
ということでVR熱が結構出てきたので、VRChatを始めました。それについてはまたゲームの記事の時に書きます。
MRゲームはまあいくつか買ってみたんですけど、128Gモデルを買ったのでそんなに本体にゲームが入れられないんですよね。
廉価バージョンを買ってしまった限界を感じる・・・。



rival5.jpg

SteelSeriesRival5
年末にマウス買い換えました。
ずっとSteelSeriesSENSEIを使ってきたんですけど、3年で遂にホイールクリックがチャタってきたので買い換えました。
まあ正直分解して掃除すれば治る感じの奴なんですけど、ちょうど多ボタンマウスが欲しかったので(一応SENSEIも左右2つづつサイドボタンがあるから多ボタンではあるんですけど、流石に右側のボタンは使いづらいので)こちらにしました。
マウスは絶対充電がだるくなるから有線をずっと使ってきたので今回も有線でいいかなと有線。というかRival5は有線しかないですからね。
押しにくいと言われていた親指先のボタン(上の画像だとシルバーの部分がボタンです)はやっぱり押しにくいですね。ただそれ以外のボタン配置はめっちゃいいと思います。まだ使いこなせていないんですが、サイドボタンの1つが上下にクリックできる仕組みになっていて、この構造が多ボタンなのに誤爆しにくいのでめっちゃ良いなと思います。
実はAerox 5も同様のボタン配置なのでちょっと悩んでいたんですが、家電量販店で触ってみたところサイドボタンのクリック感がRIVAL5と違っており、自分の好みに合わなかったのでRIVALにしました。後はAeroxシリーズのハニカム構造の見た目が嫌いっていうのと埃に弱そうで抵抗がある。
慣れていけばかなり良い感じに使えるんじゃないかな。とりあえず不満は無いのでしばらく使ってみようかと思います。



その他

2TのM.2SSDを買いました。友人に煽られて買ったんですけど、これは買ってよかったですね。やっぱりゲームを容量あまり気にせずSSDに突っ込めるのは大きい。最近はただでさえロード長いゲーム多い上に、SSDが最低動作環境みたいなゲーム多いですからね。
あとはWiFi6対応の無線LANルーターを購入しました。
正直家の回線はクソなんでどうでもいいんですが、Quest3を快適に無線環境で遊ぶ時にPC⇔Quest3間の通信速度が速い方がいいかなと思ったのでちょっと高いんですが奮発して買ってしまった。今のところとても快適です。




正直2022に結構奮発してデバイスを揃えた所はあるんで、今年はまあそこまでかなーと思ってたんですけど単価が高いですね。
来年はどうなるかわからないですが、今VRChat沼に絶賛沈んでいる所なので、VR環境を整える年になるかもしれません。今のところはフルトラにしようとまでは思ってないですが・・・。

QUEST3

WS004696.png

時代はMRだぜ・・・。
というわけで、Quest3を買ってきました。メインはPCVRで遊ぶので128Gです。
正直高いからなーどうしようかなーと思ってたんですけど、我慢できなくて発売日に買いに行ってしまいました・・・。
今Amazonの荷物が翌日に届かないレベルのウルトラクソ田舎に住んでるんですけど、そんなウルトラクソ田舎の家電量販店にも入荷しててたまげた。
流石にMetaQuestは凄いなってなりました。

とりあえず購入してほんの少しだけ触ったので、ファーストインプレッションを。

・画質について
まあ綺麗ですね。
正直に言うと最初付けた時は、思ったより進化がない・・・?と感じたのですが、Youtube等見てみるとやっぱり細かい所まで良く見えます。
でもまあ確かにQuest2時点でそこまで画質は困っていなかったなあというのを思い出しました。
このくらいが画質は必要十分で、あとは視野角方面が広がればいいかなって感じです。

・MRに関して
MRのカメラ画質があまり良くない(もちろんQuest2とかと比べると雲泥の差なのですが、、)のが結構気になるところではありますが、深度センサーによる部屋のスキャンが出来るのは確かに凄いですね。
自分の部屋でボールを転がして家具の上を転がり落ちるのを見たり、オブジェクトが机や椅子の下に入り込んだりするのを見ると、次世代感を感じます。
カメラ画質については、録画をすると少し画質がきれいになって見えるとかいう話も聞きますので、アップデートで多少改善する可能性もあると思っています。あとはカメラの歪みですね。特に視界近くに物があると激しく歪むので、この辺りもアップデートで治ればいいなと思っています。

・トラッキングについて
まだそこまで触ってないんで正確なレビューはできないんですけど、コントローラのトラッキングに関して、遊んでいる時に不都合が出たりは余り無かったんですけど、例えば手からコントローラーを離して置いたりぶら下げたりすると、コントローラーをかなりの頻度でロストします。
恐らく今まではコントローラー上のリングを認識してトラッキングをしていたところを、ハンドトラッキングとコントローラー上のセンサーとの併用での認識になった関係で、手に持っていない状態でのコントローラーの認識が上手くいっていない感じを受けました。
通常プレイでは手に持っているので問題ないのですが、手から離した状態でのコントローラーの認識感度はQuest2コントローラーの方が高いなという印象です。
まあトラッキング精度が問題になるゲーム中は手からコントローラー離すなんて早々無いので問題はそんな出てこないのかなと思います。あとハンドトラッキング自体の精度は確実に上がっていますね。

・付け心地とか。
サードパーティー製やエリートストラップ等を使わない状態での付け心地は確かに向上している気はするんですけど、なんか自分の顔の形にヘッドセットの形状が合ってないっぽくて、着圧をかなり感じます。
Quest2用に買ったMomoVRストラップは使用できなかったんですけど、超簡易なストラップ拡張バンドは少し変形しますが無理やり付けられました。
正直自分はこのバンドの方がmomovrストラップ以上にフィット感が良く愛用していたので、これが使えるだけでかなり有難かったですね。
ただそれを付けてもやっぱり総合的にみると個人的にはQuest2の方が付け心地が良かった気がします。

とりあえず今はそんな感じですかね。あと電池持ちは正直Quest2以下かな。すごい勢いで充電が減っていってびびる。まあスペックが上がっているので仕方ないでしょうね。
またもう少し使ったら詳しい感想でも書こうかなと思います。

5万のゲーミングヘッドセット買って1か月使ってみたけど

arctisnovaprow.png

こんにちはおひさしぶりですFozyです。
去年の総括記事で、Arctis7を買ってめっちゃ良かったみたいな話をしたと思うんですけど、愚か者なので我慢が出来ませんでした。
Steel Seriesの最上位ワイヤレスヘッドセットであるArctisNovaProWirelessを買いました。
ArctisNovaシリーズはArctisよりも一世代新しい最新のモデルで、その最上位モデルなのでもう名実ともにSteelseriesの最上位ヘッドセットです。
このヘッドセットお値段は超強気価格の50000円です。XM5買えるじゃん。アホか?
Amazonのセールで1万程値引きが入っていたので4万。それでもXM4買えるけど。
実は去年の夏ごろに発売された時からずっと欲しくて、それでも価格が高すぎるので我慢していたんですけど耐えられませんでした。

という事で、購入してから1か月ほど使ってみたので個人的な感想を書いていきたいと思います。
自分は参考になるようなことはあんまり言えないのでレビューとかではないです・・・。

音質は良い。
まあ流石にハイエンドヘッドセットという事で、音質に関しては素晴らしいと思います。
でも正直僕はそういった音質の違いが余りわからない方なので、豚に真珠感は否めないんですけど・・・。
ヘッドセットの定位感はとても良いんですが、Arctis7から進化している・・・してはいる気はするんだけど自分にはそこまで劇的に聞き分けられる耳がない…。
でもまあ流石に音質が上がっているなっていうのは多少は感じられます。
ゲーム以外の用途だと、チューニングはゲーム向けということでまあそこまで音楽鑑賞とかに強いヘッドセットというわけではないんですけど、自分程度が音楽を聴く分にはもうこれくらいの音質があれば十分ですね。
あとはASMRとか聞いてもヘッドホンなのにちゃんと定位感とかゾワゾワ感とか感じられてちょっと感動した。流石にASMRはイヤホンで聞くけど。

付け心地は・・・うーん。
正直前使っていたArctis7と比べると、Arctis7の方が付け心地は良かったかな・・・。
ArctisNovaシリーズから今までできなかった頭部の長さの調整ができるようになったので、頭大き目でArctisシリーズはギリギリだった自分的には朗報かと思ったんですけど、自分は最大まで伸ばして丁度いいくらいでしたので頭の大きい人は結構厳しいかもしれません。
その他気になる点として、まず側圧が結構キツいです。こればっかりは使っていれば小慣れてくるかなーとも思うんですけど(実際かなり無理やり伸ばした所マシになってきた)それでもArctis7に比べると明らかに頭の部分の金属が硬いのでやはりキツめですね・・・。
あとはノイズキャンセリング用のマイクが丁度耳の中央にあり、ここが出っ張っているんですが、これが自分の場合だと耳に当たります。
レビューだと気になるという人と当たらないよっていう人がいたのでどうかなーと思ったんですけど、正直付けた時はそんなに気にならないんですけど、十時間とか付けっぱなしにしていると、この硬い部分が常に耳に当たっているせいで耳が痛くなります。
位置を微調整すれば気にならなくもなるんですけど、実際そこまで頭の位置を気にするのって面倒くさいよねっていう。
ただし勘違いしないで欲しいんですけど、そもそもArctisシリーズ自体がものすごく付け心地が良いヘッドセットだったので、上記の欠点を加味したとしてもまあ普通に付け心地には文句ないくらいにはなると思います。
イヤーパッドは後述のノイキャンの影響でレザーなので蒸れます。今は良いけど夏場どうなるかよね。

機能面
このヘッドセットの他のワイヤレスヘッドセットとの最大の違いは、おそらくインフィニティパワーシステムでしょう。
といってもそんな大層なものではなくて、バッテリーが付け替え式になっており、片方を使用している間にもう片方を充電しておくことによってバッテリー切れの心配なく使えるという機能です。昔の携帯電話みたいだな
更に付け替えを8秒以内に行うと途切れずに使えますみたいな書き方がしてありますが、実際は自動で再起動してくれるだけなので普通に付け替えのタイミングでは途切れます。まあでも電池持ちもそんなに悪いわけではないので、充電面の不満に関しては一切なくなると思って大丈夫でしょう。自分みたいなヘッドセットを外したタイミングでちゃんと充電して…みたいなことが出来ないタイプにはぴったりですね。これは目玉機能なので流石に便利で良かったと思います。
あとは有線接続とBluetooth接続を同時に行える点。
離席したりしてスマホを触っている時にも、ヘッドセットは付けたまでスマホの音声を流せるので、自宅にいる間はもう常にヘッドセットをしているみたいな感じになります。とても便利でした。この機能は今後も欲しいですね。
ノイズキャンセリングに関してはまあオマケ程度かなーって感じ。エアコンの風音やキーボードのタイプ音くらいならなんとか消してくれます。
ゲーミングデバイスにノイキャンは確かに相性が良いです。ノイズが無くなるだけで結構細かい音が聞こえるようになりますね。
ただ、ノイズキャンセリング使用時の何とも言えない耳への違和感は結構強めなので常用するほどではないかな・・・。
逆にArctis7にあったのにこっちで無くなっていて残念だった機能なのですが、Arctis7は本体にイヤホンジャックがあって、そこにイヤホンとかを繋いで音が聞けたんですよね。
自分はパソコンでエロゲ等を起動してモニタアームで画面をベッド側まで持ってきて寝ながらプレイみたいな事をたまにやっていて、その際にそこにイヤホンを繋ぐと疑似無線イヤホンみたいな使い方が出来たわけです。
ヘッドセットを被りながら横になるのは流石に邪魔でちょっと無理なので、この機能が無くなってしまったのはとても残念と言わざるを得ないですね・・・。
まあ元々これ何のためにあったかというと、多分ヘッドセットを首にかけてイヤホンで音を聞くプロゲーマースタイルをする人用の機能だと思うのですが、このレベルのヘッドセットをわざわざ買う人は流石にそんなスタイルでゲームしないと思うんでそりゃ不要だよなあとは思います。そもそもArctisNova世代には全部付いてなさそうだからデザインの都合っていう説も大いにあると思いますが。
あとは、BaseStationの画面でバッテリ残量が見られるのが地味に便利です。何だかんだでバッテリ残量が気になってしまうタイプなので。

ソフトウェア
SteelSeriesGGは、少なくとも最近はかなり安定していて機能面でも申し分無いと思います。
Sonarは凄く良い機能だと思うんですけど、まだ全然使いこなせてない・・・。
せっかく高いヘッドセット買ったのでいろいろいじってみたいとは思ってるんですが・・・。

デザイン
ArctisNovaシリーズのデザインには有名なデザイナーも関わっているそうで、普通にかっこいいですし高いだけあって高級感もあります。マイクが完全に格納できるのはめっちゃ良いですね。

総評
まあ確かに最強ワイヤレスゲーミングヘッドセットだとは思いますが、4万出すほどではなかったかなあというのが個人的な感想です。
モノ自体は価格相応でとても良いので後悔は別にしていないんですけど、自分には過剰投資だったか・・・。
ワイヤレスなのに充電の面倒さをあまり感じないでいい点、Bluetoothと無線同時接続が出来るのが便利な点が買ってよかったポイントですかね。

2022年にプレイしたゲームの感想まとめ【hibimudaGOTY2022】

goty2022.png

こんにちは。Fozyです。年々↑のバナーがショボくなっていく。

さて、毎年恒例GOTY記事です。
去年はまあ、うーん、まあまあゲームはプレイしたんですけど、途中でなんとなく放置してしまって最後までクリアできなかったゲームが多かったのが非常に良くなかったですね。
つまらなかったとかでは全くなく、むしろ面白かったのになぜか最後までモチベが続かなかった・・・みたいな。
今年の目標は、とりあえず「去年面白かったのにもかかわらず途中やりになってしまったゲームを終わらせる」で行きます。
具体的なリストは記事の最後に。
あと原神は殿堂入りということでランキングからは外してあります。

それではとりあえずトップ10から行きましょう。
プロフィール

Fozyjp


Author:Fozyjp

エロゲーと洋ゲーの日記。
花騎士沼に落ちた。



  • このブログについて
  • 管理画面
  • アクセスカウンタ
    Twitter
    Steam
    steamkorehidoyou_logofjp.png
    カテゴリ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    リンク


  • 愛ぽてさんのブログ(予定)
  • 更新履歴
    11月17日 ネコ神さまと、ななつぼし応援中verに変更     
    【what's new】
    01 | 2024/02 | 03
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 - -

    *企画とか

    現在開催している企画はありません。
    Discord
    普段出没しているDiscordチャンネルです。
    エロゲや花騎士の話をよくしているのでエロゲーマーの方は是非。


    応援中